<% content.header -%>

スポンサードリンク

<% content.footer -%>

子どもを本気にさせる:転ぶことをチャレンジだと位置づける

失敗を恐れることが、最終的にその子の力を伸ばすチャンスを奪うこと
もあります。

転んだこと自体は悪くない。転んだことは一つの事柄に過ぎません。

大切なことは、転んだこと自体をどう解釈するかです。
ある子は、転んだら痛いから、できるだけ転びたくないと思う。

別の子は、転ぶことを恐れず、転んでも転んでも前に進んでいく。
チャレンジすること。転んだら、また起き上がって進む。

続きを読む

子供の行動をほめる

塾の週例テストや模擬試験の結果で一喜一憂する。

点数がいいときは気持ちいいのですが、
悪くなるととたんに対策を練り始める。

苦手科目を親が分析し始め、講師との面談をしたり ・・・

それ自体、すべて悪いことではありませんが、基準が“結果”のみに
向けられている以上、確実な解決策にはいたらないでしょう。

続きを読む

受験生に気を遣いすぎない

受験生だからといって、特別扱いしないということです。

よく、
「お姉ちゃんが受験だから、○○ちゃんはしずかにしてね」
とか、
「来年はお前だけど、
今年はおにいちゃんの受験勉強を中心に我が家は動くからね」

続きを読む
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。