<% content.header -%>

スポンサードリンク

<% content.footer -%>

わが子の進路を家族で本気で考える

わが子の進路を家族で本気で考える
ご家庭が増えてきています。

とってもいい傾向だと思います。

中学受験は中高一貫が多いので、
計6年間もその学校にわが子を預け
るのですから!

しっかり家族で考えてください。

どの塾で受験されるのが本当にお子さん
のためになるのかということを!

その決断をする材料のひとつとして、少しでも役に立てば
うれしいです。

中学受験合格を現実のものにするために、
あなたのことを応援します。

こののサイトが、少しでもあなたのお役に立ちますように。

そして、中学受験に合格する過程で、
あなたの家族の絆がより一層強く
なることを願っています。

中学受験は親のあなたですべてが決まります

なんでここまでつらい思いをして受験をしなければならないのだろう。

ほとんどの中学受験生の親はそのことについて悩み苦しみます。

この子はまっすぐ育たないのではないか、
お母さんを大嫌いになってしまうのではないか。

夜中に勉強に疲れて眠り込むわが子の寝顔をみて、親は何度涙することでしょう。

でもね、お母さん。受験生の親ならみんないっしょですよ。

あなただけが苦しいのではありません。
一人で悩まないで下さい。


受験の神様といわれる「和田秀樹」さんが
そんな悩める中学受験を控えた親御さんへのバイブルというべき
考え方を公開しています。


どんなに有名な塾に入れようとも、
優秀な家庭教師を連れて来ようとも、親のあなたの代わりはできません。

あなた自身が変わらなければ、
中学受験に成功することは非常に困難であるということになります。

そもそも、生まれて10年ちょっとしかたっていない子供が、
親が一切関わることなしに自主的に目的を持って勉強するわけがないのです。

そこが高校受験や大学受験と大きく異なるところであり、
中学受験が親の受験といわれるゆえんでもあります。

親の受験に合格したい方はこちらをどうぞ


あなたが、子供の中学受験でそれほど悩むのは、
子供への愛があるからに他なりません。

子供の将来を考え、何とかしてあげたいと思うからこそ悩むのです。

もちろん、自分の子供を難関中学に合格させたいという
あなた自身のエゴも多少あるかも知れませんが、
やはり根底には子供への愛があるのです。

子供への愛をしっかりと伝えましょう

親と子のコミュニケーション方法

子供の緊張のレベルが低い場合

「ちょっと待ってて」ときちん
...
と言い、家事などをやって
いたら、キリのいいところで「お待ちどうさま」と向き合
ってください。

1と2の見極めは、始めは難しいかもしれません。
でも繰り返すうちに必ずできるようになります。
そして、1の方法は、おそらくほとんどのお母さんがすぐ
にできます。

続きを読む
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。