中学受験勉強で勝つ勉強法ブログ
<% content.header -%>

スポンサードリンク

<% content.footer -%>

中学受験:大手塾の実情

合格実績が高く 数多くの合格者を有名校に輩出している。
→塾生の人数が圧倒的に多く頭のいい子を囲っているから、結果がでる
のは当たり前。
過去の実績がノウハウとして蓄積され、それに基づいた教材やカリキュ
ラムがしっかりと用意されている。

→もともと頭のいい子をさらに伸ばす教材やカリキュラムに依存は、それ
以外の子には必ずしも有効ではない。

教室の数が多い為、常に競い合いながら成績向上を目指せる環境が
有る。

→生徒同士の切磋琢磨を、偏差値やクラス分けで行う。
そこには情操は存在しない。

全国に展開するネットワークを活かした入試や
学校情報などの蓄積が豊富に有る。

→偏差値を最高のものとし、モチベーションその他は
すべてこの偏差値に依存するようになる。

志望校別で過去の問題を分析したテキストが
用意されている。

→マニュアルに乗っ取った授業の結果、
それから外れる子は置いていかれる。

これが大手塾の実情です。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。