中学受験勉強で勝つ勉強法ブログ
<% content.header -%>

スポンサードリンク

<% content.footer -%>

あなたは大手塾に大切なお子さんを預けますか?

「お母さん、N研に入れて本当によかったよ。
これでわたしも来年○○女学校に行けるかもね!」

「そうね、裕子の友達もいるしね。これから受験の2月までがんばるのよ」

「うん、ユッコ絶対がんばるよ!ねえねえ、パパ。パパも応援してよね!」

「ユッコが本気ならパパはユッコを全力で応援するよ。がんばれよ。」

「ヤッタ^―」(ユッコ)

佐藤裕子。あだ名は「ユッコ」。
今年の4月から6年生。
学校の成績は中の上。
得意科目は国語。

今年の4月から、いえいえ、塾では今年の受験が終わった2月から、
来年の志望校合格に向かって歩もうとする一生懸命な子。

大手塾で名高いN研に入れたことがうれしく、
張り切って勉強に取り組むユッコ。

それを精一杯応援しようとするお母さんとお父さん。

3月・・・
春期講習。初めての塾での長期学習。周りの仲間が気になる。
ようし、がんばるぞ〜

4月・・・
やっと塾になじんできた。
でも、お気に入りのA先生が他の教室に異動になった。
ちょっとさみしい。どうして行っちゃうのかな。

5月・・・
五月病かな。ちょっとやる気がでない。
でも、いつかは治るだろう・・・
治るかな…
得意な国語がだんだんと苦手科目になってきた感じ。

算数ってどうしてこんなに難しいんだろう。

6月・・・
順位やクラスばかりが気になってしまう。あれ、なんのためにここ
にいるんだろう?? 勉強…つらいな・・・

7月・・・夏期講習が始まる。
長い、つらい。お母さんにはだまっていたけど、なんだか2月のときの気分じゃない。
勉強のための勉強みたい。
ただつらい・・・ お母さん、私・・・この塾辞めたいよ。。

あれれれれ
ユッコと、そしてお母さん、
お父さんの当初の意気込みからずいぶんと外れていますね。

彼女は、お母さんは、お父さんは、
何か間違っていたのでしょうか???

この物語の主人公「ユッコ」のような子が、5月から7月にかけて
個人塾のドアをたたくことが、実際、実に多いのです。

大手塾の現実に打ちのめされ、落ち込んで、
気力さえなく仕掛けているわが子。

そんなわが子の居場所を、どうにか見つけようと模索するママ。

やっとみつけた自分に合った個人塾にたどり着いたときの安堵感。

よかった、よかった ・・・

それもつかの間、そこからまた新しい戦いと葛藤が始まります。

なぜなら、大手塾の手厚い...
サービスに使っていた自分から、自らの足で
歩き始める自分に脱皮しなければならないからです。

(これが一番大変。一生懸命指導しても、
受験を自分のこととして考えない子は、
この典型です。そしてそれに応じた受験結果となります。)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。