中学受験勉強で勝つ勉強法ブログ
<% content.header -%>

スポンサードリンク

<% content.footer -%>

畳の部屋で集中力アップ

思い出してみてください。

みなさんが小学生だった頃のこと…
まだ、コンビニなんかなかった、セピア色をしているあの頃。

畳の部屋があって、ゴザが敷いてあって、
その上に寝転がって、夏なんかちょっぴりヒンヤリしていて、
それがかえって気持ちよかった。

我が家は猫を飼っていたので、よく一緒に日向ぼっこしたものです。

夏なんか蚊取り線香の匂いがそれに興を添えていました。
「頭のよい子が育つ家」の著者である四十万靖氏は言います。

「勉強に集中しやすいよう、子供部屋は外部から遮
断するべきという考え方は大きな間違いです。
つまり、詰め込む勉強よりも、自分の考え
を相手に伝え、相手の考えを理解できるコミュニケーション能力が
必要とされているのです。」

家族の共有スペースに本棚を設置してみんなの読書空間を作った
り、地球儀を置いて知的欲求を満たしたりして工夫する手もあるそ
うです。

でもね・・・
畳の部屋で過ごすだけで!!
心穏やかになり、勉強もはかどり、
なにより 合格に近づくことができる なら・・・!!

これって、やらない手はないですよね?

昔あった気持ちいいものを、身の回りに再配置するだけで、
心身ともにリラックスでき、家族が近くなる。

そして、合格に近づくスピードが加速される!
やってみる価値はあると思います。

もし畳の部屋がなくても、い草製のゴザを敷くだけでも効果がある
のなら、そして、それで合格に近づくなら ・・・・
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。